ダイエットに深く関わっているGI値とは?太りにくいのか?

GI値という言葉を耳にした事はあっても、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

実は、このGIの値が、ダイエットに深く関わっているのです。そもそもGI値とは何でしょう?食べ物を食べると、体内で糖に変化します。その際の血糖値が上昇するスピードを数値で表したもので、GI値は、消化の速さや糖質の量で変化します。GI値の高いものを食べると、血糖値の上昇するスピードは速くなり、GI値の低いものを食べると、血糖値の上昇スピードが穏やかになるのです。

 

 

では、血糖値の上昇するスピードが速くなるとどうなるのでしょうか?食事に含まれる糖は、人のエネルギーとなりますが、多く摂取すると急激に血糖値が上昇し、インシュリンというホルモンが過剰に分泌されます。ところが、このインシュリンは脂肪分解を抑制する働きがあるので、中性脂肪を増やし、太りやすい状況になってしまうのです。要するに、GI値の高い食品を食べると太りやすく、Gi値の低い食品を食べると太りにくいのです。

 

 

では、気をつけなければいけない高GIの食品をあげてみますと、砂糖などの糖類、白米や白いパン、うどん、飴、じゃがいも、どらやき、餅、だんご、ドーナツ、ビーフン、チョコレート、ケーキ、かぼちゃ、パイナップル、バナナなどです。次に、低GIの食品ですと、わかめ、もずく、ひじき、ピスタチオ、ナッツ、マカダミアナッツ、アボカド、キャベツ、カリフラワー、こんにゃく、牛乳、カマンベールチーズ、日本酒、ビール、まぐろ、あさり、牛肉、豚肉、鶏肉、玄米、みかん、りんご、などです。

 

 

見てみると、米や小麦、また砂糖は高GIですので、それらを含む食品は高GIになってしまいます。また、かぼちゃなどの、甘くなる野菜も高GIです。玄米などの精製されていない穀物は食物繊維、ミネラルが豊富でGI値は低いので、積極的に摂るようにしましょう。また、海藻類、ナッツ類、葉野菜、海鮮類、肉類は低GIなので積極的に摂りたい食品ですね。

 

 

果物を食べたい場合には、パイナップルやバナナを避け、みかん、りんごを選ぶと良いようです。また、大豆は食物繊維が豊富で、高タンパクな万能低GI食品です。枝豆や豆腐、豆乳、大豆を使ったお菓子などもお勧めです。普段の食生活を見直し、ダイエットを成功させるためにも、ぜひ低GI食品を意識してみてください。